不足しがちな栄養成分は犬専用のサプリで補おう

ドッグ

ペットの死後に

遺影

火葬および遺骨の加工

ペットの死骸を、野原や山などに勝手に埋葬することは、法律で禁じられています。飼い主が所有している土地になら埋葬することができますが、その場合は腐敗臭が漂ったり虫が寄ってきたりすることで、近隣に迷惑をかける可能性があります。そのため多くの飼い主が、ペットの死後に、業者によるペット火葬を利用しています。ペット火葬では、ペットの死骸を専用の火葬炉で焼却してもらえます。人間の火葬と同じように、ある程度の遺骨が残るので、それを骨壺に収めて自宅に持ち帰ることができます。骨壺ならコンパクトサイズなので、自宅に置いておくことができますし、もちろん敷地内に埋めることも可能です。腐敗臭が出ることはないので、近隣への悪影響の心配もありません。さらにペット火葬では、遺骨をパウダー状にするというサービスもおこなわれています。この場合は、地域にもよりますが、山や海などへの散骨も可能となります。加えて、よりサイズがコンパクトなカプセルなどに入れてもらうこともできます。このカプセルは、ペンダントトップやキーホルダーの飾りとしても利用できます。中には、遺骨を混ぜ込んだガラスビーズを作るという業者もいます。この場合もやはり、ペンダントやブレスレットなどのアクセサリーにすることができるのです。ペットの遺骨を肌身離さず持ち歩くことを希望している飼い主は多く、そのためペット火葬でのこういったサービスには、高い人気があります。